わたしの話

昼は社会人、夜は大学生の二足わらじのわたしの話

拝啓、彩瀬なる様

私はずっと、ピンク色の主人公が嫌いだった。

おじゃ魔女ドレミのドレミちゃんも、プリキュアの子たちも(プリキュアは初代が黒と白だったからよかったのにゴーには萎えた記憶がある。)

 

だから、最初きみのこともそんなに好きじゃなかったんだよ彩瀬なるちゃん。

 

ピンクのメインキャラは主人公で、ドジで勉強が苦手で、天然みたいな無知故のような行動でみんなを引っ掻き回す。そんなイメージできみも例外そんなイメージの型に嵌まっていそうだった。家族はみんないい人で、そんな素敵な家族に囲まれて育っているきみが私を苛つかせた。

きみは王道のストーリーでプリズムストーンの店長になった。シンデレラストーリーのようにプリズムショーを初めて男の子と出会って、プリズムショーもぐんぐん上達した。だから私はきみが嫌いだと思った。

私がきみを好きになったのは、あの時だ。きみが初めて涙を流して見せたあの時。

なんで泣いているかわからなかったね。私はその顔を見て胸が締め付けられる想いをしたよ。きみは、主人公だから作中に出会うイケメンと恋に落ちるのだと思ったんだ。コウジでもヒロでも、もちろんカヅキ先輩でも。だれでも。けど、きみは泣いてしまった。

なるちゃんは最初から一貫して強い女の子だった。初対面のコウジに「あなたの歌をください」と不器用に、けれど臆せずに伝えた姿も、謝罪をした姿も、コウジの歌が素敵なものだと伝えたかった姿も。

ヒロ様の手を取らずに立ち上がったなるちゃんは確かにひとりで立てたんだ。だれかの手を必要としなかったなるちゃんは本当に強い女の子だった。

だから涙を見たくはなかった。この女児アニメの主人公の涙は一粒で素敵な力が芽生えるわけでも世界を救えるわけでも愛しの人が目覚めるわけでもなく、勿論深い泉にもならなかった。

コウジがいとちゃんに渡したラブレターと捉えられた曲に赤面してはぴなると笑った。勘違いしたいとちゃんに仲裁をした。ふたりが好きあってることを知って、背中を押した。無自覚とはいえ、きみは本当に強い女の子だった。なるは、流石店長だと褒められ、みんな笑顔だった。

だから、きみに泣いてほしくはなかった。けれど理由もわからずに泣いてしまったんだ。それが、どんなに純粋で眩しいことなのか。そして、それを慰めてくれたのはりんねちゃんだった。

 

沢山の出来事のなかで、少しずつ成長したね。王道のメインキャラのストーリーとは違ってあんまり男っ毛はなかったけど

「例え辛くてもそのあとにいいことが待っている」そんな意味のハッピーレインで仲間と一歩一歩歩いていく姿はヒロインそのものだった

 

プリズムクイーン候補と呼ばれた時は主人公補正だと思った。けれど、きみは誰よりも強い想いを胸に秘めていた

だから、きみの周りにはいつも沢山の人がいたんだねなるちゃん

プリズムショーができなくて、ラブリーが消えてしまって、その時にいつもみたいに笑わずに覚悟を決めた、とても強い顔をしていた。けれど、リンクでは笑顔だったね。上手にできたプリズムショーができなくて、転んでは諦めないと立ち上がったその強い姿に幸せを願わずにはいられない

2540カラットと得点はとれなかった。けど、みんなきみを応援せずにはいられなかったんだよ。それがきみの強さで美しさだった。本当の勝者なんて綺麗事はいらないから、彼女になんらかの栄光を与えてほしかった

りんねは元の世界へ戻っていった。この世界に留まるりんねとはまた違う選択をして、なると別れた

親友と別れたなるちゃんは、さよならを言わずにありがとうと笑った。きっとまた会えると信じて。

きみは少し大人になった。少し美人になった。

最後に初めて失恋だと気づいたなるちゃんの笑顔に、なるちゃんの幸せを願わずにはいられない。

 

きっときみにはいつか、好きな人ができる。その人と付き合う。それはきっとプリズムショーとはなんの関係もない人なんだろうね。そうして、また綺麗になっていく。私はそれを観ることはできないけどそうしたらその人に沢山のはぴなるを貰ってね。わたしはきみになにもあげられないから、せめてその人の腕の中ではぴなるでいてね。  

 

拝啓 彩瀬なる様

わたしより

 

 

 

 

 

わたしがTwitterしてるはなし

Twitterを始めたときに私は中学生だった。

不登校で学校にもろくに行かずに家にいた。学校に居場所がなかった。話が合う友達がいなくて、本当に困り果てて、親も困っていたし学校の先生も困っていた。わたしが動けば動くほど逆効果で、友達はできない。どうしたらいいかと周りの大人に相談した。大人が動けば動くほど逆効果で、いつの間にか学校には行かなくなっていた。おそらくアニメはタイバニ一期がやっている途中か、終わった時くらい。

夢小説のサイトをやっていて、リンクを貼っている相互さんがTwitterをやっていたのでなんとなく~という感じで始めた。

Twitterはまだ日本語に対応したばかりで、ハッシュタグは英語だけで使い方もボランティアみたいな人がやってくれたちょっとおかしな日本語だったから手探りだった。

 

黒子のバスケが好きでTwitterでは黒子のバスケの写真をアイコンにしていた。

プロフィール画面に黒子のバスケが好きと沢山書いた。そうしているうちに、黒子のバスケが好きな人がフォローしてくれた。フォローを返した。フォロワーのフォロワーがフォローをしてくれた。フォローを返した。フォロワーがわたしを紹介してくれた。フォロワーが増えた。フォローを返した。初めましてと挨拶をした。 

 

Twitterはわたしにとって、ひとつの居場所になったのは気づいたらそうだった。いつもTLにいた不登校のわたしを叱るひとは誰もおらず人様に失礼をすればフォロワーさんは私に礼儀を教えてくれた。口調ばかり丁寧で、いつの間にか不登校の中学生は無職の大人だと勘違いされるようになったけれど都合がよくてそのままにした。

学校に居場所がなかったけれど、Twitterに居場所ができた。アニメやゲームと違って画面の向こうには誰か見知らぬ人がいて私がお風呂から帰ってくると「ほかえり~」と言ってくれた。私にとっての居場所がTwitterにできつつあった。

始めて中学生で不登校だと言ったときに、フォロワーさんは「まあいいんじゃない」と一言返事が来た。世間体が悪くて家族に疎ましく思われていると思っていたので、その言葉は単純に有り難かった。

 

「けど高校には行かなきゃいけんよ」

 

なんか、そんな簡単な言葉で。私は中学三年生になっていて、ああ、そうなんだ~と思った。高校には行っとかなきゃいけないことは始めて言われた。学校に行けば高校に行かなきゃいけないことは当たり前で誰も言わなくて、親はこのまま働くのもいいと考えていて。高校に行かなきゃいけないことを知って、私は高校について調べた。 

なんとか行きたい?行ける?高校を調べて、偏差値を調べて、親に伝えて。親は驚いてたことだけ覚えている。高校のパンフレットはなくて、学校祭は関係者以外立ち入り禁止で、見学会はなくて。倍率が地元で一番高かった。まじか~と思ったけどフォロワーさんにツイートしたら応援してくれたから受験した。

 

高校に入って彼氏ができていつの間にかTwitterと疎遠になった。

それでもいいかと思ったけどスマホTwitterはいた。いつの間にかTwitterの仕様は変更していたし、全日本帰りたい協会はさほど流行っていなくなった。ぽんぽんぱいんもつかわなくなっていた。

 

そのあとは高校でも不登校になってなんやかんやあっていまは短大生をしている。  

Twitterはまだやっている。Twitterに出戻りして今は4つくらいのアカウントを永遠と使っている。

短大で女の子がひとり「居場所がない」と言った。その子は上京してきた子で都会の女の子と会話があわないのだ。私とも会話のリズムがあわない。

私は居場所がないと思ったことは実はあんまりなくて、現実いま目の前に広がっている場所に居場所がなくてもまあ、Twitterにみんないるしなあ~というくらいの軽さなんだ。

Twitterは流石に8年くらいやっているのでフォロワーがほとんど消えた。けど、私にとってのTwitterは家や短大や職場と変わらない居場所のひとつだ。

恋活ってなんだ

あー勝手にふるえてろ観たいなあ。

そんなわけで最近恋活をはじめました。占いに行ったんですよ、占いに。そしたらなんかもうズケンズケンにされまして。まあ、恋活をはじめた次第です。

フェイスブックを使ってなきゃ恋活ってできないイメージだったのですが、最近フェイスブックがなくても大丈夫になったらしいです。そういうわけではじめました。

 

 感想は、会話が続かね~っていうのがほんとに、まず、あります。

会話が続かない。会ったことない人と、共通の友人もいない人と、なんの会話をすればいいかわからない。共通の趣味を探して、その話をしようとするけれど知識量に差があるんですよ。

例えばお互いにアニメがすき、となっても今期見てるアニメは男女でやはり違いがあると思います。

偶然重なったやつとかも、監督とかキャラデザについて語りたい人と作品の内容について語りたい人と萌えキャラについて語りたい人と声優について語りたい人と、なんかもう、ひとつのアニメを同じ視線で見れていない。その時点でなにを話せばいいんだ。

 

LINEを交換しようと言われて、とりあえず

交換する 。相手は消防士。本名でLINEを登録していたのでTwitterFacebook確認済。LINEは続かず終える。相手の「それはいいね」で終わったトーク。お互いに続ける努力が必要だけど、それを怠り会話を辞めた私だけれど、虚しくなるこの気持ちはなんだろう。

 

 

私はそこまでして恋をしなければいけないのか? 

 

始めて2週間。終わりを告げそうです。あー最初からタメ口話しかけてくる男がせめて人を敬う言葉をつかえますように。

漠然とした不安を抱えていきる

女の子の事情的な話で、必ず月に1度やってくるのだけれど。その手前の時期が私にとって一番厄介で。妊娠したかも?とかいう不安じゃなく。不安で、仕方がない。

 

ほしいものがある。カメラ。ミラーレス一眼の5万円くらいのやつ。

元々物欲がないので、多分2ヶ月くらい時を待てば買えるだろう。最悪貯金を切り崩せば買える。

 

けれど、そういう問題じゃなく。昔から物欲がなかった。小学生から今にかけてろくに誕生日もクリスマスも貰ったことがない。欲しいものがないわけじゃなかった。小学校3年生くらいから誕生日もクリスマスも缶バッチを製造するだけの機械を欲したことが何年かあって、毎年なにかしらで買ってもらえず、いつの間にか諦めてしまっていた。中学生くらいになり、ようやくいままでの分としてミュージックプレイヤーを買ってもらったのだがそれも4年ほどつかいご臨終された。

 

二十歳になった時に記念になにかほしいとねだった。予算一万から二万円。本当は時計がほしかったけれど、ずっと修理に出したりしながら安物の時計をつかうのは嫌なので財布にした。先に買って、後でお金をちょうだいと告げた。半年経つが未だにお金は返ってこない。 

 

もちろん私より大変な思いをしながら生きている子は沢山いるのだろう。どんな状況であれ、親がいて、一緒にいるのだから感謝しなければいないこともわかっている。けれど、愛されているような感覚がない。なにかをして貰っても、大切と言われても、手のひらですくった砂みたいに抜け落ちる。漠然とした不安を感じる。解消する術はない。

 

私は貴女に幾らお金を貸したんだろう。もう覚えていない。貴女にとって私は娘なのだろうか。それとも財布なのか。

お菓子を買って、飲み物を買って、酒代を出して相殺だとお決まりのように言うけれどそれだって、それはそれでこれはこれなんだってわかっていて逃げてるんだろうに。

 

ミラーレス一眼のカメラが欲しいだけなのに、物欲は私を底無し沼に引きずり込むように不安にさせる。漠然とした不安を感じる。

私がキンプラを観て1ヶ月経った話

フラれてからオタク業に精を出すくらいしかやることがないです。

初めて応援上映に行ってから1ヶ月経ちました。1ヶ月でキンプラを9回観ました。ペンラの振りも覚え、掛け声もなんとなくお約束を理解しています。ブレードも買い、自分用にカラーリングしつつ楽しんでいます。

 

キンプラにものすごくハマりました。なぜハマっているのかとかは、周りの人の考察を観てほしいのですが私が良くいく映画館の応援上映には二種類の応援があることに気付きました。

みんなで言う応援

だれかが言う応援

この二つです。主に前者がメインでそんなことないよー!やら、謝罪に対してのいいよー!と言ってるのが主です。

だれかが言う応援、というのは会場のなかで少人数が言うツッコミです。具体的に言うと下記

~全てを持っている\人望がなーい!/

~なにも持っていない\借金がある~!/

お約束であるためにだれかしらが言っていますが多人数ではなく二人から三人くらいでしょうか?それくらいしか聞こえない……

 

なぜなのか?

ひとつはまだ定着していないから

ふたつはそこまでの相槌が出来るエリートだから

このふたつの可能性を考えました。

ひとつめは、これから回数を重ねることに定着し、全体で言うことになる、ということです。定着しないものはいつか消えるか、またはこのまま少人数でのコールになるか。定着すればみんなでのコールになるでしょう。はやくみんなで借金がある~!って言いたい。

ふたつめはエリート。初心者の為エリートの方々の事情及びコミュニティーがさっぱりわからないのですが、おそらく慣れによって羞恥心がないので新しいことをバンバン取り入れられるのではないかと思います。エリートありがとう頑張れ!

 

そもそもにしてコールって誰が決めるんですかね?エリートの方々?(そもそもエリートってどの基準なの?)みんな思いの丈を叫びいいなと思ったものが採用され定着していくのでしょうか……?

最近高田馬場君のコールを覚えたのですが、いつの間に、誰がつくっているんだこのコール……って驚きましたほんとにサイコーなコールでした

しかも帰りの下りエスカレーターで後ろに立っていたお姉さま方曰く劇場により応援のコールが違うとのこと。~のコールがなくて寂しかった!とおっしゃっていて、だれのなんのコールかまで聞き取れなかったのが非常に悔しいのですが、未知のコールを聞きたい!!

 

常に一人で応援上映に行っているので楽しめるともだちがほしいと思いつつも、まだまだ覚えられないお約束コールも大切にしたいと思います。またキンプラ観るぞ!

私が「キンプリはいいぞ」となった話

キンプリはいいぞ。

6月10日公開のキンプラを観に行きました。キンプリの続編です。有料動画配信サイトでキンプリを観て「カオス~笑」という舐めた感想を胸に抱いていたのですが、続編があり観に行く時間があったので観に行きました。

 

キンプリはいいぞ。

 

圧倒的な映画のよさを再発見した。

映画の癖に最初が一枚絵。はあ??と思うが一枚絵だが大音量でやってくるキャラクターの掛け合いはすべてを許す。両親よ生んでくれてありがとう。

生きとし生けるすべてのものをありがとう。地球は黄色かった……!!!

ということでキンプラを観に行きました。気付けはお昼過ぎでお腹が空いたなあと思いながら帰りました。

 

今度は応援上映に行きます。

 

 

【6月24日追記】先日応援上映に行って来ました。

応援しました。キンプリのプロに同行していただき、ペンラを公式のものを一本お借りしての応援上映でした。

劇場は人がおおくて少しビックリしました。ペンラは色がたくさんあって、一色一色教えてもらったんですが赤がシンくんで緑がカズキ先輩、白がルヰ君ということくらいしか覚えてない!!

劇場は予告から応援していて、最初の感想は

 

こいつら全員IQ3かよ……

 

キャラが喋る度に大丈夫だよー!とかわかるー!とか言ってんのほんと怖いしそれが普通であるこの空間すごいな?私はこれにおいていかれるのでは???と本気で心配になったり、最初の方ですでに置いてかれていて借りたブレードを羞恥のあまりふれなあったりはしましたが、予告のあたりでなんとなくつかみ(予告のメアリで魔法の花をブルーベリーって言ってる人いて笑った)いざ、上映!!!

 

最初の提供で「○○○ありがとー!」って言っているのはとてもよかったあれだけどの映画でもやりたい「マーベル!ありがとー!!😭✨」ってやりたい。

 

2度目だったのでストーリー的な言及はしませんが、各々で好きなことを言いつつもちゃんと音楽が始まれば喋らずペンラを振るこの統制力はすごいと思いました。

後方にプロのお兄さんがおり(仕込みか?)とも思いましたがそのお兄さんが言ったことに便乗すればよい感じ……とは思ったものの、中盤くらいで思うように感情を言葉にしてました。推しじゃないくせにまるでガチファンのようにキャラの名前を、カズキ先輩の名を叫ぶ呼ぶ自分とか、アレクー!!と絶叫アトラクションかよってくらい叫ぶ自分とか、同行者がモンペみたいな応援上映をしている声とか、面白い応援とか。

なんかすごく楽しい空間でした。あと十王院君は推せる。

私が街コンに行った話

街コンに行きました。

街コンに行く前に縁結びで有名な神社に行ってお守りを買い直し、おみくじをひいたら「いまの恋諦めんのはほんとやべえよ!諦めたら試合終了だかんな!!神様にすがってでも諦めるな!!幸せになろう!!」と言われたので吉村さんのことを思い出しつつもお財布にしまいました。大人しく諦めさせてくれ~~

 

 

と、いうわけで幼稚園からの幼馴染みと私のふたりで、街コンへ行って来ました。(先に結論言いますが収穫はゼロです)参加費は3000円ちょっとくらい。男性の金額は倍以上なのでほんとにやべえなあ街コンと震えました。

まず私と幼馴染みというふたりなので、ふたりでいると「一定ラインの人間関係を構築するのに必要な能力を持っていることの保証」になったのは大変よかったです。変な人もいなかったし、若いのに参加という悲しい目でも見られなかった。

けど、一緒に来たくせに同じテーブルでソロプレイになりました。あとからきたお姉さんたちが私たちの間に知らず知らず入ってしまい、私たちはなぜかバラけました。(多分結果オーライ?)

テーブルごとに男性が移動する、というタイプでほんとにめちゃくちゃ、疲れる!!と思いましたが男性はもっと疲れたんだろうか。私はずっとベーグル食べてた。

 

いろんなひとがいたよね。私基準のイケメンも普通にいましたよ。lineはわりと交換しました。その場のノリでわちゃわちゃしている時に自分のQRコード出して「読み取ってくださーい」とか言いました。

フリータイムもわりと喋りました。フリータイム中は私、ウーロン茶を飲んでいたんですがわりとウーロン茶率が高く「なに飲んでます?」と聞いて「ウーロン茶ですよー」と答えてくれた人と乾杯してたらウーロン茶を飲んでる集団になりました。なんかそこらへんで、わちゃわちゃお仕事のこととか聞きました。薬剤師さんがいて、薬剤師さんは勉強しか学生時代してない~って言ってたので薬剤師さんに恋、しかけましたね。勉強をしている人や勉強ができる人が好きなので薬剤師さんめちゃくちゃときめきました。lineは既読スルーされてます。

 

まあ、そんな感じで会が終わるじゃないですか。さー帰ろ帰ろ、みたいになった時に一緒に来ていた子がお手洗い行くっていうんで私待ってたんです。暇なんで意味もなくみんなが散らかしたお皿とかまとめたわ。

そしたら、なんか、話しかけられて。「どうもー、さっきの子の友達だよね?」「え?ああ、はい。どうもー」みたいなこと挨拶をしたんです。

友達からその人がめちゃくちゃ頭いい大学を出ていると耳にしていてので「総理じゃないですか、どうしたんですか」とか言ってたんです。なに言っても「すごい物知り!流石総理!ソクラテスみたい!」とか返事してました。完全にふざけてます。

そうしたら、その人唐突に「×××大の子でしょ?」って言ったんです。伏せ字にしなくていいのかな?まあ、恐ろしいほど金のかかる国内でも屈指の偏差値が高い、所謂名門大学です。私は地方の三分の二が就職する、馬鹿の名門高校出身で、今の大学の偏差値はお世辞にも高くない。全く高くない。正直やべえ低い!!!

私の学んでいることを考慮しての大学の名前だと思います。「えーどうしてですか?」と私はにこやかに聞きました。相手は苦笑しましたね。

 

「まあ、周りの馬鹿と雰囲気違うからね」

 

見る目ねえなあ。後に銀行勤務の年収1000万越えだと自負する男なんですが。お前、見る目ねえなあ~~~~。

話をしたらすぐわかった、的なことを言いましたね相手は。死ぬほど面白い。年収1000万越えても、ひとりでいい焼き肉を食べながらお酒を飲めるだけの参加費を払って、こんな会に参加し。(年収1000万以上限定とかいけばいいのに)人を見下して。そうして、孤独死

なんだか悲しいと思いながら、友達がお手洗いから出てきたのでその人ともお別れしました。

 

そのあと前から気になってたお肉のおいしいお店に友達とふたりで行きました。やっぱり友達と食べるご飯はめちゃくちゃ美味しかったです。

収穫はソロ参加してたお姉さんとlineを交換したので今度ご飯に行く約束をとりつけてます。