わたしの話

昼は社会人、夜は大学生の二足わらじのわたしの話

私が人を好きな話

フラれた。遠回しにフラれたのだ。

私はぼうとしていて、友達に心配された。

「彼氏がほしいの? 吉村さんが好きなの?」

やけに真っ直ぐに聞かれて私は口ごもった。彼氏はほしいけれど、今更いらないという気持ちがあったし。けれど、もしこの過酷な世の中をふたりで手をとり渡り歩いていければどんなに楽か、というわりと嫌らしい本心もあった。

その帰り道は暗く、足元のおぼつかないわたしの背中は情けなかっただろう。ふらふらと酒も飲んでいないくせに酔っぱらいのように歩いていた。途中でうー、だの、あー、だの、奇声をあげた気もした。

「わからんけど、あの人に孤独死してほしくないんだよお」

情けない日本語に友達がどんな顔をしたのかはあたりが暗くてわからなかった。

私たちの若さで聞きなれない孤独死という単語に特別なにか言うわけでもなく頷いた。

「敢えて遠ざけてるのかもね、アンタを」

電車が通った。黄色の電車。ハンカチと違って幸せは運ばずに、疲れ顔のサラリーマンを運んでいるのがやけにハッキリと見えた。あの中にこれから交ざり明日を迎えるだけのわたしに、わたしたちに微かな希望のような一筋が見えた気がした。

「言うだけ言いなよ、なんか、試してるのかもね」

「試す三十路も嫌だけどね」

「ひとりが長すぎて信頼できないんだよ」

それは自分に言い聞かせているようだった。曲がり角を大きく曲がって、わたしたちはまだのろのろと歩く。ふたりとも穏やかな顔つきだった。どちらともなく一瞬だけ手を繋いだ。そして、体温がゆっくりと離れていったそれを名残惜しいとすこしだけ思った。

「ちゃんと会って、喋って、伝えて、貴方の気持ちはわかるけれど、付き合いたいって」

 

駅についてバイバイした。駅の前で若い男の子がダボダボのスウェットを着ながらタバコをふかしていて、よく買えると独り言のように思った。不安を隠すように笑った。

「お疲れ様です!またあしたね!!」

広告を非表示にする