わたしの話

昼は社会人、夜は大学生の二足わらじのわたしの話

私がキンプラを観て1ヶ月経った話

フラれてからオタク業に精を出すくらいしかやることがないです。

初めて応援上映に行ってから1ヶ月経ちました。1ヶ月でキンプラを9回観ました。ペンラの振りも覚え、掛け声もなんとなくお約束を理解しています。ブレードも買い、自分用にカラーリングしつつ楽しんでいます。

 

キンプラにものすごくハマりました。なぜハマっているのかとかは、周りの人の考察を観てほしいのですが私が良くいく映画館の応援上映には二種類の応援があることに気付きました。

みんなで言う応援

だれかが言う応援

この二つです。主に前者がメインでそんなことないよー!やら、謝罪に対してのいいよー!と言ってるのが主です。

だれかが言う応援、というのは会場のなかで少人数が言うツッコミです。具体的に言うと下記

~全てを持っている\人望がなーい!/

~なにも持っていない\借金がある~!/

お約束であるためにだれかしらが言っていますが多人数ではなく二人から三人くらいでしょうか?それくらいしか聞こえない……

 

なぜなのか?

ひとつはまだ定着していないから

ふたつはそこまでの相槌が出来るエリートだから

このふたつの可能性を考えました。

ひとつめは、これから回数を重ねることに定着し、全体で言うことになる、ということです。定着しないものはいつか消えるか、またはこのまま少人数でのコールになるか。定着すればみんなでのコールになるでしょう。はやくみんなで借金がある~!って言いたい。

ふたつめはエリート。初心者の為エリートの方々の事情及びコミュニティーがさっぱりわからないのですが、おそらく慣れによって羞恥心がないので新しいことをバンバン取り入れられるのではないかと思います。エリートありがとう頑張れ!

 

そもそもにしてコールって誰が決めるんですかね?エリートの方々?(そもそもエリートってどの基準なの?)みんな思いの丈を叫びいいなと思ったものが採用され定着していくのでしょうか……?

最近高田馬場君のコールを覚えたのですが、いつの間に、誰がつくっているんだこのコール……って驚きましたほんとにサイコーなコールでした

しかも帰りの下りエスカレーターで後ろに立っていたお姉さま方曰く劇場により応援のコールが違うとのこと。~のコールがなくて寂しかった!とおっしゃっていて、だれのなんのコールかまで聞き取れなかったのが非常に悔しいのですが、未知のコールを聞きたい!!

 

常に一人で応援上映に行っているので楽しめるともだちがほしいと思いつつも、まだまだ覚えられないお約束コールも大切にしたいと思います。またキンプラ観るぞ!